出版物ご紹介タイトル
スペースたて
スペース
ご案内
ご案内
俳句大会のご案内
季節の名句
やぶれ傘
お知らせ
概要
リンク集
お問い合わせ
トップページへ
メニュー飾り
 
スペース
 
WEPでは、定期発行の俳句雑誌をはじめ、
句集の発行などを行っております。
出版物ご紹介
 
境界
WEP俳句通信 バックナンバーのご案内

(59,60,64号は完売いたしました。)

 
102号(2018年2月14日発行)

特集〈口語俳句について〉
神野紗希 「透明な私、他者としての口語」
坪内稔典 「口語をころがして」
池田澄子 「普通の言葉――私の場合」
中山世一 「口語と俳句」
酒井弘司 「まず、五七調の定型を優先」
三宅やよい 「十七音の合わせ鏡」
大井恒行 「時代の先端はいつも口語だった」
中村和弘 「俳句は詩である」

特別作品25句
今瀬剛一 「去年今年」

新主宰近作20句
浅井陽子 「古暦」
前田攝子 「雪見障子」

精鋭作家競詠20句
大島英昭 「従兄の名前」
平栗瑞枝 「吊橋」
鈴木五鈴 「葛湯吹き吹き

 
101号(2017年12月14日発行)

特別作品25句/宇多喜代子「野山の色」

特集〈実力作家20句競詠①〉
大牧 広  「秋風や」
安西 篤  「涅槃西風」
山本洋子  「夜の秋」
池田澄子  「百花」
今瀬剛一  「帰省」
田島和生  「仁王の手」
酒井弘司  「鳥の目」
菅野孝夫  「鰻の日」
尾池和夫  「夕月夜」
山田貴世  「風の記憶」
鈴木しげを 「八月来」
向田貴子  「秋へ」
西池冬扇  「鳥虫戯画(其ノ波)」
波戸岡 旭 「蟭螟」
本井 英  「こもろ日盛俳句祭など」
松尾隆信  「からすうり」
横澤放川  「白さはも」
名村早智子 「揺れながら」
西村和子  「草々」
今井 聖  「脱穀埃」
井上康明  「山の日」
三村純也  「盆過ぎまで」
森田純一郎 「屋形船」
稲畑廣太郎 「山陰」
岸本尚毅  「半分」
小川軽舟  「人肌恋し」
山田佳乃  「スケッチ」

青山 丈50句  「夏から秋」

三人競詠20句
根橋宏次  「ままこのしりぬぐひ」
中村幸子  「扇置く」
小林篤子  「夜の秋」

精鋭作家30句
木内憲子 「開く戸」
柳生正名 「すみふるす」

作品/田中水桜・下鉢清子・雨宮抱星・船越淑子・檜 紀代・永方裕子・須原和男・茨木和生・広瀬恵美子 ほか

 
100号(2017年10月14日発行)

特別作品25句/青柳志解樹「山村の冬」

特集〈実力作家20句競詠〉②
鈴木節子   「命いただく」
本田摂子   「冬景あれこれ」
柏原眠雨   「郷土の森公園」
星野恒彦   「ものの影」
栗田やすし  「実月桃」
山﨑房子   「秋の日々」
出口善子   「朧月雑考」
奥名春江   「火恋し」
松岡隆子   「行くほどに」
源 鬼彦   「雪の言葉」
寺井谷子   「海鼠捕り」
坪内稔典   「原発の海」
山尾玉藻   「榠樝」
渡辺純枝   「野のマリア」
岩岡中正   「秋風の辻」
柴田佐知子  「日向ぼこ」
筑紫磐井   「おつぱい」
藤本美和子  「火の神」
中原道夫   「畫餅」
南うみを   「江若」
星野高士   「雨粒」
林 桂    「みなかみ紀行」
中西夕紀   「玉眼」
角谷昌子   「吾が髪膚」
佐怒賀正美  「ぬめり」
坊城俊樹   「うすぼんやり」
白濱一羊   「八月十五日」

好井由江50句  「明日も晴」

市川榮次100句
「癌告知 Ⅱ」


三人競詠20句
遠藤由樹子 「落葉踏む」
小林貴子  「水馬」
長嶺千晶  「銀錆の闇」

作品/下鉢清子・星野 椿・石渡 旬・秋尾 敏・工藤 進・山中理恵・糸屋和恵・前北かおる ほか

 
99号(2017年8月14日発行)

金子兜太10句「山 影」
特別作品25句 「夏至の富士」
特集Ⅰ 本井 英著『虚子散文の世界へ』を読む
新鮮な問題提起 宮坂 静生
虚子における俳句・散文思想 岩岡 中正
虚子散文研究の鍵和田秞子俯瞰図 中岡 毅雄
「散文」と「俳句」の融合 酒井 佐忠
虚子の願い 児玉 和子
虚子先生が好き 黒川 悦子
俳壇復帰を境にして 前北 かおる

特集Ⅱ 小川美知子著
『言葉の奥へ――岡本眸の俳句』を読む
藤本美和子・大島英昭・木内憲子

 
98号(2017年6月14日発行)

特別作品25句●松岡隆子「水の香」
特集●〈散文的な俳句〉について
 一行の力 坪内稔典
 「切れ」から「ずれ」へ 神野紗希
 「切れ」と「間」の力 冨田正吉
 何故散文的と言われるのか 中山世一
 もっとアナーキーに 坊城俊樹
 凝縮と拡散 秦 夕美
 散文的俳句考 西池冬扇
【実力作家競詠20句】
 船越 淑子 「桜狩」
 髙橋 さえ子 「桐の花」
 好井 由江 「浜田山周辺」

 
97号(2017年4月14日発行)

特別作品25句●加藤耕子「春の雪」
特集Ⅰ●〈季重なりの名句はありますか〉〈あるよ〉
 ■高浜虚子の季重なり
 季重なりと虚子 本井 英
 ■阿波野青畝の季重なり
 季節感の「調合」――青畝の季重なり 岸本尚毅
 ■西東三鬼の季重なり
 「季重なり」から見える三鬼世界 遠藤若狭男
 ■飯田龍太の季重なり
 飯田龍太の季重なりの句――実感に正直に 長田群青
 ■森 澄雄の季重なり
 なづなのはなの光悦忌 小田切輝雄
特集Ⅱ●「小宅容義全句集」を読む
 西池冬扇・寺澤一雄・菊田一平・柳生正名
【実力作家競詠20句】
 佐怒賀正美「春の滝」
 岸原清行 「神宿る島」
 能村研三 「冠 羽」

 
96号(2017年2月14日発行)

特別作品25句●池田澄子「嬉し」
特集●西池冬扇著『非情の俳句――俳句表出論における「イメージ」と「意味」』をどう読んだか
 市川榮次 ぬぅーっとした俳句で、何が悪い
 井上康明 「『非情』の俳句」を読む
 神田ひろみ 「非情」と美――楸邨の場合
 冨田正吉 俳句の言語曼荼羅
 松岡ひでたか 「意味」の意味
 柳生正名 「非情の俳句」と「俳句の非情」性
 山口昭男 「非情」の俳句のすすめ
 西池冬扇 「非情」の俳句という詠いぶり
【実力作家競詠20句①】
 柏原眠雨 「年の暮」
 星野恒彦 「天の葉騒」
 今瀬剛一 「笠間にて」
【実力作家競詠20句②】
 藤本美和子「愛日」
 山田佳乃 「坂の町」
 津川絵理子「初霞」
【岸本 尚毅 50句】「日向ぼこ」

 
95号(2016年12月14日発行)

特別作品25句●山崎房子 「今年の秋」
特集 本誌92号の特集〈俳句の現在ー7人の場合〉をどのように読んだか
 奥坂まや・坂口昌弘・高柳克弘
 谷口智行・冨田正吉・中村 雅樹
 西池冬扇・ 秦 夕美・武藤紀子
市川榮次100句●「癌告知」
実力作家競詠20句●奈良文夫「的中」
 酒井弘司「草雲雀」
 西嶋あさ子「綿虫」

 
94号

特別作品25句●鈴木貞雄 「父の淡海」
特集〈草田男の現在・現在の草田男〉
嘴 朋子・矢須恵由・小川雪魚・遠藤由樹子・角谷昌子・筑紫磐井 
西池冬扇50句●「虫だった頃」
精鋭作家30句●柳生正名「柚子坊」 太田うさぎ「青畳」
実力作家7人競詠20句●佐藤麻績・中村和弘・鈴木太郎・草深昌子・染谷秀雄・寺井谷子・柴田佐知子

 
93号(2016年8月14日発行)

特別作品25句●髙橋さえ子 「夕 虹」
特集●「70代俳人」 その5  22結社 22人
特別寄稿30句●吉岡桂六「北へ」
【鑑賞会】「奈良文夫 第六句集『急磴』を読む」 前澤宏光・藤本美和子
実力作家競詠20句●上林孝子・茂田慶花・忽那みさ子

 
92号(2016年6月14日発行)

特別作品25句●斎藤夏風 「ひかりと水」 
特集●〈俳句の現在ーー7人の場合〉
  青山 丈・好井由江・坪内稔典・筑紫磐井・ 星野高士
  坊城俊樹・岸本尚毅
特別作品30句●安西 篤・小島 健・小川軽舟 
競詠20句●藤田直子・中西夕紀・岩田由美・土肥あき子

 
91号(2016年4月14日発行)

特別作品25句●宇多喜代子 「さくら時」 
特集●『森澄雄全集(全5巻)』を読む
  青山 丈・波戸岡旭・田中敏廣・小田切輝雄・ 滑志田隆
実力作家30句●前澤宏光・山﨑千枝子 
稲畑廣太郎50句●「初旅」

 
90号(2016年2月14日発行)

特別作品25句●今瀬剛一 「筑波」 
特集●70代俳人 その4
  25結社  24人
特別寄稿30句●吉岡桂六 「象潟へ」 
実力作家競詠20句  伊藤汀人・原田達夫・村髙 卯

 
89号(2015年12月14日発行)

特集●〈金子兜太という表現者〉
   金子兜太—最近作20句・旧作50句
   安西 篤・池田澄子・今井 聖・岸本尚毅・田中亜美・筑紫磐井・対馬康子・冨田拓也・西池冬扇・坊城俊樹・柳生正名
【超結社・スペイン吟行】
 中世の街、白い村、オリーブの丘、そしてフラメンコ

 
88号(2015年10月14日発行)

特別作品25句●好井由江「おしろい」
特集●60代俳人 21結社21俳人
特別寄稿●「俳句言語にとって美とは何かー俳句の表出論の試みー(その5)」 西池冬扇
青山 丈50句●「この夏」
実力作家競詠20句●宇都宮敦子/大島英昭/大塚阿澄

 
87号(2015年8月14日発行)

特別作品25句●松岡隆子 「波音へ」
特集●70代俳人・その3
特別寄稿●「俳句言語にとって美とは何かー俳句の表出論の試みー(その4)」
西池冬扇
実力作家競詠20句●秦 夕美/中村幸子/波戸岡旭

 
86号(2015年6月14日発行)

特別作品25句●今瀬剛一 「命新し」
特集●突撃する〈ナニコレ俳句〉の旗手
  岸本尚毅・筑紫磐井・坊城俊樹・奥坂まや・大井恒行・宮崎斗士
特別寄稿●「俳句言語にとって美とは何かー俳句の表出論の試みー(その3)」
西池冬扇
特別寄稿100句●石井 保「病中孤楽」

 
85号(2015年4月14日発行)

特別作品25句●齋藤夏風 「杜若」
特集●筑紫磐井著『戦後俳句の探求〈辞の詩学と詞の詩学〉—兜太・龍太・狩行の彼方へ』を読んで   関 悦史・田中亜美・井上康明・仁平 勝・髙柳克広

特別寄稿●「俳句言語にとって美とはなにか—俳句の表出論の試み—(その二)」
                    西池冬扇
特別寄稿30句●吉岡桂六「木の花30句


 
84号(2015年2月14日発行)

特別作品25句●坪内稔典 「ライスミルク」
特集●70代俳人・その2
鑑賞会●西池冬扇 第4句集『碇星』を読む
新主宰50句●遠藤若狭男「微苦笑」


 
83号(2014年12月14日発行)

特別作品25句●山﨑千枝子 「青梅宿」
特集●70代俳人・作品10句
鑑賞会●波戸岡旭第六句集「『惜秋賦』を読む
実力作家競詠20句●松岡慶子「母許」


 
82号(2014年10月14日発行)

特別作品25句●波戸岡 旭 「岩頭」
特集●新鋭30人 
特別作品●30句 柳生正名 「髭面」 ・望月  周  「葉陰」
実力作家競詠20句●斎藤夏風・山本洋子・今瀬剛一


 
81号(2014年8月14日発行)

特別作品  加藤耕子 「五月六月」
新連載●川崎展宏の文業  須原和男  「推語」(『虚子から虚子へ』)
連載●金子兜太の彼方へ  筑紫磐井  「戦後俳句の視点(下)」
追悼  小宅容義氏
特別作品50句  青山 丈 「夏越まで」

 
80号(2014年6月14日発行)

特別作品  好井由江 「回転椅子」
虚子散文の世界へ②  「浅草寺のくさぐさ」ほか、文体の模索  本井 英
金子兜太の彼方へ⑥  「戦後俳句の視点(上)」   筑紫磐井
特別作品60句  山﨑千枝子 「野苺の花」

 
79号(2014年4月14日発行)

特別作品  田中水桜 「まほろば」
特集  現代作家を読む XII
鑑賞会 柳生正名第一句集『風媒』を読む
特別寄稿30句  松岡隆子「薄氷」 

 
78号(2014年2月14日発行)

特別作品  猪俣千代子 「寒禽」
特集   〈藤田湘子の現代性〉について
特別寄稿 金子兜太の彼方へ 5 兜太の文体  筑紫磐井
坊城俊樹100句 「雪の傘」

 
77号(2013年12月14日発行)

特別作品  下鉢清子「一枚のレリーフ」
特集  青山 丈と好井由江
特別寄稿 金子兜太の彼方へ4 前衛俳句のテーゼ  筑紫磐井
鑑賞会・2冊の第一句集を読む  茂田慶花句集『雪だるま』大塚阿澄句集『無名指』

 
76号(2013年10月14日発行)


特集  藤沢周平の俳句を読む
特別寄稿 金子兜太の彼方へ3 社会性俳句のテーゼ  筑紫磐井
鑑賞・青山丈句集『千住と云ふ所にて』を読む

 
75号(2013年8月14日発行)

特別作品 青柳志解樹 「夏から秋へ」
特集  「原爆忌」「終戦日」にどう向き合ってきたか
特別寄稿 金子兜太の彼方へ2 社会性俳句時代   筑紫磐井
追悼・斎藤梅子さん  百瀬美津  船越淑子

 
74号(2013年6月14日発行)

特別作品 小路紫峽 「花筵」
特集 現代作家を読む XI   金子兜太論・深見けん二論・小宅容義論
特別寄稿30句  斎藤信義  『にしん(鰊)』
短期集中連載3・新作30句  木内憲子「さくら花」

 
73号(2013年4月14日発行)

特別作品 黛  執「うぶすな」
特別企画 【座談会】虚子『六百句』を読む  小宅容儀・阪西敦子・坊城俊樹
山﨑千枝子100句 「風の岬」
短期集中連載2・新作30句 木内憲子「鳥風」

 
72号(2013年2月14日発行)

特別作品 青山 丈 「仲秋抄」
エッセイ 筑紫磐井 「伝統と前衛・新興と」
好井由江100句 「象の皺」
短期集中連載1・新作30句 木内憲子「朝の嶺々」

 
71号(2012年12月14日発行)

特別作品 下鉢清子 「あるがままに」
特集 岸本尚毅・坊城俊樹・星野高士 3人かくかたりき!!
波戸岡旭100句 「冬の鹿」
特別寄稿 山田征司 渡辺白泉私論ー「支那事変群作」を巡って

 
70号(2012年10月14日発行)

特別作品 今瀬剛一 「待秋抄」
特集 〈写生〉の現在
青山 丈100句 「一夏(ひとなつ)」
特別寄稿 西池冬扇「冷たい具象」と「熱い具象」

 
69号(2012年8月14日発行)

特集 森 澄雄全15句集・遺作を読む
 森 澄雄晩年の句境 森 潮  ほか  森 澄雄200句 森 潮選
筑紫磐井100句 「伝統を探求する」
特別作品 関口恭代 「夏至の風」
特別寄稿80句 西池冬扇「阿波之国」

 
68号(2012年6月14日発行)

特別作品 倉田紘文 「一病共生」
特集 現代作家を読むX——ことばの世界に〈遊ぶ〉
特別寄稿30句 鳥居三朗「鳥の頭」
精鋭作家競詠20句 根橋宏次・加藤早苗・児玉一江・西池みどり

 
67号(2012年4月14日発行)

特別作品 能村研三「凍廊下」
特集 〈問題としての三橋敏雄〉
特別寄稿30句 船越淑子・浅井民子
精鋭作家3人競泳 沢田弥生大島英昭林 三枝子

 
66号(2012年2月14日発行)

特別作品 小島千架子「若潮」
特集I 〈新結社の時代〉
特集II 小島千架子を読む
特別寄稿50句 鈴木節子「冬澄む」

 
65号(2011年12月14日発行)

特別作品 神蔵 器「柚子釜」
特集 〈句作の上でいま念頭にあること〉
特別寄稿50句 波戸岡 旭「論語」

実力作家競詠20句 山口昭男・柳生正名・山田佳乃

 
63号(2011年8月14日発行)

特別作品 永方裕子「木斛の花」
特集 ことばの熟成を味わう
特別寄稿30句 三田きえ子・吉岡桂六・木内怜子

精鋭作家3人競詠 佐久間慧子・佐藤麻績・佐藤ゆき子

 
62号(2011年6月14日発行)

特別作品 品川鈴子「菜つ葉服」
特集 〈季語・季題の乱れ〉について
特別寄稿30句 松岡隆子 「白つつじ」 

精鋭作家3人競詠 沢田弥生・大島英昭・林 三枝子

 
61号(2011年4月14日発行)

特別作品 猪俣千代子「涅槃像」
特集 〈ホトトギス〉はどこへ飛んでいくか
同時代作家を読む 山﨑千枝子

新作30句 舘岡沙緻 「片瀬早春」 

 
58号(2010年10月14日発行)

特別作品 綾部仁喜「石榴」
特集 岡本眸を読む
新企画 同時代作家を読む 髙橋さえ子
特別寄稿30句  鈴木鷹夫「北上川」

 
57号(2010年8月14日発行)

特別作品 山﨑千枝子「郭公の森」
特集 〈死を前にして詠んだ句〉を読む
新企画 同時代作家を読む 好井由江
実力作家競詠 上田日差子稲畑廣太郎・森賀まり

 
56号(2010年6月14日発行)

特別作品 百瀬美津「外ヶ浜は雨でした」
特集 碧梧桐の〈俳句無中心論〉を中心に 
座談会 加藤耕子句集 『翁忌』を読む
新作30句 磯貝碧蹄館・塩川雄三

 
55号(2010年4月14日発行)

特別作品 金久美智子「草笛」
特集I 加藤楸邨の〈詩性〉について 
特集II シリーズ『遍路』句集 4冊を読む
特別寄稿 「美術工芸品を詠む」 吉岡桂六

 
54号(2010年2月14日発行)

特別作品 神蔵 器「次郎の椅子」
特集 〈物を詠む〉について 
追悼特集 悼・川崎展宏 悼・白井眞貫く
特別寄稿 30句 下鉢清子 小島千架子

 
53号(2009年12月14日発行)

特別作品 小宅容義「日々秋」
特集I 〈素十の客観写生〉について 
特集II 波戸岡旭を読む
特別寄稿 30句 赤尾惠以 原 和子

 
52号(2009年10月14日発行)

特別作品 小川軽舟「ローストビーフ」
特集I 〈可能性の早世〉について 
特集II 〈師系〉について
特別寄稿 吉岡桂六「俳句と時間」
     30句 森田公司 岡安仁義

 
51号(2009年8月14日発行)

特別作品 廣瀬直人「旦暮抄」
特集 飯田龍太の〈変異〉について〈推理〉する 
実力作家三人競詠 奈良文夫 今瀬剛一 落合水尾
特別寄稿 西池冬扇「赤の系譜-写生論における子規から茂吉へ」

 
50号(2009年6月14日発行)

特別作品 下鉢清子「麦の秋」
特集 〈人間探求派〉をいま改めて読む 
実力作家三人競詠 波戸岡 旭 松尾隆信 小嶋 健
特別寄稿 30句 鈴木鷹夫 白井眞貫

 
出版物紹介